2001/09/25

コンピュータウイルスに関するお知らせ

最近、『Sircam(サーカム)』や『Nimda(ニムダ)』と呼ばれるコンピュータウイルスが大変流行しています。これらのウイルスは電子メールを媒介とし、感染すると、ほとんど自覚症状がない状態で自らもウイルスの発信者となってしまうという恐ろしいものです。

事前にウイルス除去ソフトなどを導入し、適切に定義ファイルの更新を行っている場合は大事に至りませんが、そうでないお客様は知らないうちに加害者となってしまっているおそれがあります。
それぞれのウイルスの特性については以下のWebサイトなどをご参考ください。

interQ OFFICEではこの事態を重く捉え、お客様にご提供中のメールサーバーに対して、これら二種のウイルスを寄せ付けないように対策を施させていただきました。

外部から送られてくるメールが、もしウイルスに感染していた場合、そのメールはお客様のメールボックスに届けられることなく排除されます。

  • ※上記二種以外のウイルスに関しましては、現在のところ対応を検討中でございます。
  • ※このシステムにおきまして、ウイルスからの安全を100%保障するものではございません。予めご了承ください。
  • ※『interQ OFFICE for FrontPage』ご利用のお客様は今回対象外となります。